いろいろ気づいたりわふわふ楽しかったり。

こんばんはの志貴零です!

最近少しずつHPの浮上も増えてきましたね。よきかなー

 

今日は日記です。

いろいろアンテナ張っていくといいなぁという気づきみたいなのとか、創作のこんな感じどうしよっかなーみたいなのとかのをつらつらと。

 

昔から結構私いろんなのにアンテナ張ってしまって割と疲れやすい、らしい?(本人当たり前として生きてるんで気づかないことの方が多い)

結構音とか気配に敏感です。昔は背後立たれるのがほんとに苦手だった笑

いろんな音とかにアンテナ張っていたのですが、ここ最近は「言葉」にアンテナ張ってるかなーと思いまして。

ふと見つけた文だったり、自分に向けてでなくとも発した言葉であったり。

なんだっけな、結構なんでも意味があるそうで、偶然じゃないみたいな話を聞いたことある(曖昧すぎる)

 

ここ最近もそんな感じで、今日最終的にストンと落ちたなぁと。

前に、「多分こんな感じの精神的なものかも!」みたいな話をしてたんですが。

それっぽいのになってから、結構特定の言葉とかもすっごい嫌になってしまっていて。実際にはその言葉ではないのに、音が同じだと「わー」みたいになってたんですよね。例えば「あった」という音だったら、実際に言いたいのは「逢った」だけど脳内だけで聞こえると「合った」にも変換できてしまったり。

それで小説書くのとかも結構きつかったりしてたんですが。

家族と全然違う話とかしてたりするのも重ねていったり、あとはお世話になってるおざわさんとのお話で、自分に向けられた言葉ではないのだけど「仲良くなってみればいいんじゃない」みたいな言葉を聞いて、なんかこう、納得みたいな。

「私なんでこんな言葉嫌がってんだろー」みたいになって。

最終的に、私は小説とか主に「言葉」を扱う者なので、特定の言葉嫌がってたら書けないな??という感じのがストンと落ちました。

話として、キャラの設定として必要な言葉や行為ってたくさんあって。それを抜いてしまうことももちろんできるけれども、きっとそれは違うなぁと。ある種アイデンティティ的な子もいらっしゃるので笑

なんかこう、もっとフラットに、ナチュラルにしていいかなーという感じになり、それに気づいたときに「あ、これもう終わったかな」と。

 

若干違う話っぽいのだけども。

私昔っから虫さんがダメだったんですよ。高校くらいは飛ぶ虫さんが特にだめで。家にいらっしゃるとすぐ部屋逃げていたり笑

未だに触れたりはしないんですが。あと部屋に退避するのもまだありますが。たぶん「また逢う日まで」書いてから特にですかね。抵抗感が全然なくなってきて。

うちの物語はやっぱり「平等」というのがテーマなので、そういうのもあるのか虫さんに抵抗感はほとんどなく。いきなり目の前飛んでくるとびっくりはしますけれども。

この前、家出たところの通路にカサカサのGくんがいたんですが、ふっつーに手振って挨拶してました笑

うちに来てしまうと時によって退治してしまう子はいるのですけれども。クモくんとか好きです。

好きになったり、ナチュラルになるとなんか助けてくれるのかなぁというのが結構思ったりします。虫くんだったらよくある虫のしらせ、みたいな。私のとこに来てくれる虫くんたちは「お前これ以上作業よくないべ」みたいなお知らせっぽい感じのタイミングで来てくれます。ちっちゃい虫くんによく好かれますね。

そんな感じなのかなぁと思ったら動物全般的に好きになって。困ったときは助けてくれるし、なんかこう、お知らせしてくれるみたいに思えてるなぁと気づきました今。

ついこの前は「やばい道迷ったかも」と思った瞬間に、帰る方向ににゃんこが歩いて行って。「あ、あの子の方向だ!」と思ったら無事に帰れましたという素敵な出来事が。にゃんこに感謝です。

とまぁ長くなりましたが、やだーってなるんじゃなくて何事にもフラットでナチュラルにいようかなと思ったらすっきりしたというお話。

引き寄せで潜在意識を変えたり、というのももちろん大事なんですが、その前にナチュラルに、仲良くなってみようかなと。そしてもっと素敵な未来を引き寄せる的な感じで。

 

つらつらと気づきのエピソードが長くなりましたが!

本格的に今の、ちょっとまぁ苦しかった体験なるものは終わったんだなぁとしみじみしております。その体験にも感謝をしまして!

いろんな言葉とか出来事に、疲れない程度にアンテナ張るのも大事だなというお話がありまして。

お次は創作ですね。

わふわふ初稿版のことを考えております。

初稿版を一回印刷所さんで印刷お願いしてみようかなという、前々からひそかに考えているものですね。

どのみち一回はやってみよう!という気持ちはあります!

普段は自家印刷で志貴にゃんこならではな味を出しておりますが、イラスト本でお世話になっている印刷所さんならではな仕上がりも大好きなので!

主にカラーコミック混在のFirstのIとプロローグがどんな感じになるんだろうという。おバイトもし始めたので、頃合いを見て一回印刷をお願いしてみたいなと。

場所によっては一冊ずつできるのですが。せっかくなら数冊頒布したいなともやっぱりそこがあきらめきれないでいます笑

ただFirst-Iについては私の仕様上とてもお値段が張ってしまうので、こちらは自分用かなと。初稿版は多く刷ることはしないと思ったので。

いろいろ悩みどころで楽しいです。印刷所さんで印刷お願いするなら頒布しやすくモノクロオンリーにしてみようかなとか、あとはFirst-I以降ですが、A5じゃなくてB5にしてページ数減らしてみようかなとか。私の確認用としてはおっきいのもありですね笑

初稿版は刷るなら自分用含めて5,多くて10と思っています。自家印刷・印刷所さん問わず!

あとはFANBOXの件どうするかなとか、HPの公開やっぱり前向きに検討するかとか。先読みは節も多くなってきて段々HPでどの話公開しているかとか小ネタどこまで話すかとかになっているので前向きに。

いろいろ創作尽くめですね! 楽しいです。

コミックパートを一律一回文章にしてみようかなどなど、書いててふと浮かんだ案とかも踏まえつつ、いろんな形で「楽しい」をお届けできればなぁと思います。

今の初稿版のコミック、元々サイズ自体がちょっと合っていないというのが(確か製本してから)気づいて、どのみち調整しなおしをする予定があるので。

一回一律で文章にするのもありっちゃありかなとは思う。もちろん描いたコミックも素敵な形にするとして!

またいろいろたぎりそうです。ブログ書くと案がどんどん出てきて楽しい。

そんな感じで気づいたり、ただただアウトプットしたブログですね!

近くアンケートか何かもできたらとも思ってはいます。

最近は小ネタがうはうはしているのでそちらも順次!

ではでは今日はこのあたりで。ありがとうございました!