どうか少しでも、君の道が陽の光で照らされて。真っすぐ歩けますように。

中学の頃から見慣れた、紫のフードを見て、問う。

「本当に行くの」

襟足だけ伸びてる不思議な髪形をした現相棒は、振り返ることなく。ベッドに腰かけながらいつもの調子で頷いた。

「そりゃもちろん。カワイイ後輩が困ってるみたいだし?」
「そう」

真っ白い、いつも入り浸ってるこの相棒の部屋とは違う殺風景な病室。その入り口で俺は壁に背を預けて。ただただそれだけ返した。

「……」
「……」

俺が言葉を発しなくなれば、相棒も言葉を発することなく。黙々と帰る支度を進めていく。

――本来の予定よりも、早く。

あと何か月だったかな、なんていうのは、陽真が「行く」と決めた瞬間に考えることをやめた。

その先の、ことも。

きっとこれから、フィノア先輩にはこっぴどく怒られるんだろう。
この先も、きっと。

もしかしたら、なんて。考え出したらキリがなくなることばかりだけれど。

「よっし」

立ち上がった君に、迷いはないから。

最終確認は、さっきので終わり。代わりに言うのは。

「もういいかい」

共に歩くための、言葉。
きっと俺のことを見透かしている相棒は、いつも通り笑う。

「モチロン」

その顔に、血は繋がっていないはずなのに懐かしい面影を感じながら。
道をふさぐためじゃなく、ただただ支度を待つために寄りかかっていた壁から背を離して。

閉ざされていた扉を、そっと開く。

ほんの少しずつ部屋に入ってくる明かりに、相棒は近づいてくる。

――ねぇ陽真。

君の未来は、この光のように、明るいものかな。

どうかそうであるように。俺はただ願い、その隣と背を守るだけになるけれど。

「武煉」
「うん」

隣に立った、今はもう当たり前になった相棒は、俺に不敵に微笑んだ。

「とりあえずカワイイ後輩のトコ行ってくるわ」
「俺はその間に手続きと荷物置きに行ってくるよ」

彼から荷物を受け取って、俺も不敵に微笑む。

「んじゃま、よろしく頼むわ」
「任せて」

変わらない君に、俺も変わらず笑って。

きっと君の未来を同じであってと願う、陽の光が差す道へと、二人。
静かに歩き出した。

 

『どうか少しでも、君の道が陽の光で照らされて。真っすぐ歩けますように/武煉』志貴零