大好きなものは、大好きな人たちと共に。

 きれいな景色が好き。お花畑も、夕焼けも、星空も、海の中も。いろんな場所の、いろんな景色が好きだった。

「きれいだね…」

 もう何年ぶりかもわからない、この観覧車の中の景色も。

「……悪くはないな」

 観覧車から見下ろした景色につぶやけば、隣に座るリアス様もうなずいた。

 午後三時半くらい。集合時間が四時だから、メリーゴーランドに乗ったあと、アトラクションに乗るのはあと一つまでってなって、乗りたかった観覧車に来た。リアス様と並んで座って、だんだん遠くなっていく地上を眺める。ちょうど夕暮れ時で、景色がオレンジがかってすごくきれい。

「きれいなのはいいんですが、よかったんですの?」

 窓に張り付くように景色を眺めていたら、前から声がした。目を向けたら、一緒に乗る双子がちょっとだけ申し訳なさそうな、気まずそうな顔をしてる。

「よかった、って…?」
「観覧車と言えば恋愛スポットでしょう?」
「リアスと二人で乗らなくて良かったのかなって」

 双子としては四人で乗るのが申し訳なかったみたい。楽しいのに。それに、

「今更恋愛スポットだなんだで二人になりたいとせがむほど初々しくないが?」
「まぁ年数的には何千っていう付き合いだもんな……」

 同じ意見のリアス様の言葉にうなずけば、レグナに呆れられた。もう何年だろう、三千? 四千? 正直あんまり覚えてないや。

「でもせっかくのお出かけですのに。リアスと二人きりの時間があまりなかったんじゃないです?」
「始めの二人きりになれるチャンスはお前がつぶさなかった?」
「それは今は置いておきましょう」
「メリーゴーランドでは俺たち二人だっただろう。お前らが恥ずかしいからと言って」
「だってこの年になって恥ずかしくね?」
「一応見た目の年齢は十五歳なんですが」
「魂年齢何千歳だと思ってんだ」
「見た目が高校生なら魂年齢なんぞ関係あるか」

「…ふふっ」

 いつもの掛け合いに、思わず笑顔がこぼれる。その笑い声に、三人が一斉にこっちを向いた。

「なんかおもしろかった? 今の」
「いつも通りの会話でしたけど」
「…楽しいなって、思って」

 素直に伝えれば、三人の顔もほころぶ。それがまた、わたしの心を満たした。

「あら、頂上ですわよ」
「ほんとだ。やっぱ結構高いんだね」

 カリナが窓の外を見て言った。全員窓の外を見る。きらきらして、とってもきれいな景色。それを見ながら、また話し出す三人の声に耳を傾けた。

「カップルだったらアレやるんですか?」
「”アレ”とは?」
「あの”あそこが私たちの住む町だね”みたいなのですよ」
「誰がやるか」
「つか言われてもわかんなくない?」
「なんて夢のない男性たちなんでしょう……」
「カリナは恋人できたら言うの? ”あそこらへんが私住んでるところなんです”的な」
「言いませんよ、見えないし自分でもわからないでしょ」
「お前も一緒じゃねぇか」
「こいつの場合”あそこです”と言って、男がそうなんだと話にノったら”いやわからないでしょう”と突き落とすタイプだろう」
「あなた私をなんだと思ってるんですか」
「腹黒いドS」
「そこまでドSではないでしょう?」
「腹黒いことは認めちゃうんだ?」

 大好きな景色を眺めながら、大好きな人たちの声を聞く。楽しそうに話す会話を聞いているこの瞬間が、なによりも幸せだった。リアス様と一緒にいるのももちろん大好き。でもやっぱりこの四人でいる瞬間が、何よりも好き。

「ねぇ、クリス、私そんなにドSですか?」

 声をかけられて、またそっちに目を向ける。カリナは納得行かなそうな声してるけど、表情は楽しそう。

「人をおちょくるのが好きだろうお前は」

 リアス様も、呆れた顔してるけど声は楽しそうで。

「もちろんあなたやレグナをいじり倒すのは大好きですが」
「おい」
「Sっ気十分じゃね?」

 レグナも、そんな二人をほほえましく見てる。それを見てるわたしの頬も自然とゆるんで、自分でもわかるくらい、いつもより穏やかな声で返した。

「…たぶん、Sだとは、思う」
「ほらぁ」
「えー」

 四人で、笑いあう。カリナがいじって、リアス様がちょっと天然で、そこをレグナがツッコんで。わたしはそれを聞いて、時々その会話に入って。何気ない日常。その日常で見える何気ない景色は、いつも輝いて見えた。それがこの四人でいるからだって気づいたのは、もうだいぶ昔。
 当たり前のようなこの日々が、わたしにとってかけがえのない大切な宝物。

「というかカリナは腹黒いの…?」
「らしいですわ」
「そこは否定なしなんだ?」
「自分でもわかってるんじゃないのか」
「あら、自分では純粋無垢だと思ってますが」
「どの口が言っている」
「心底信じられないみたいな顔しないでください」

 ずっとずっと、この時間が続けばいいのにって、いつも思う。

 でも、時は流れていっちゃうから。

「もうすぐ終わりですわね」

 一通り笑いあって、カリナが外に目を移して、つぶやいた。見れば、だいぶ地上が近づいてる。
 この時間も、もう終わり。

「なんだかんだ結構楽しかったなぁ」
「悪くはなかったかもな」
「珍しいね」
「珍しいと言うが一応常に楽しいとは思っているぞ」
「顔に出ねぇんだよ」
「クリスはどうでした?」
「わたし…」

 カリナに話を振られて、今日一日を振り返る。

 カリナと乗ったコーヒーカップ、レグナが大変そうだったお化け屋敷、王子様みたいにエスコートしてくれたリアス様とのメリーゴーランド。そして、四人で乗った観覧車。みんなでお昼ご飯食べて、歩きながらおかしを食べて。騒いで、笑って。とてもとても、幸せな時間。

「…とっても、楽しかった」

 思い返せば、自然と笑顔になれる。幸せいっぱいな気持ちで、笑顔で、伝えた。そしたらみんなも、また笑う。それを見て、わたしはもっと幸せな気持ちになった。

「よかったですわ」
「連れてきて良かったなリアス」
「……たまには、悪くない」
「じゃあ今度はゴールデンウィークにどこか出かけましょうか」
「”たまには”と言ったのが聞こえなかったか?」
「月に一回位はお出かけしましょうよ」
「この交流遠足からゴールデンウィークまで一週間もないんだが。急すぎるだろう」
「あ、地上に着きましたよ。降りましょう」
「聞け」

 話してたらあっという間に地上に着いちゃった。レグナから先に降りて、最後がわたし。

「ほら」

 リアス様が、手をさしのべる。わたしだけにしてくれる、王子様みたいなエスコート。それが、たまらなくうれしい。

「リアス様」

 その手に自分の手を重ねて、観覧車を降りるとき、名前を呼ぶ。

「なんだ」

 そうしたらリアス様はきちんと目を見て、わたしの言葉を待ってくれる。だからわたしも、リアス様の目を見て、言える言葉を口にした。

「…ありがと」

 精一杯の、笑顔で。大好きな景色を見せてくれたこと。大好きな人たちとの思い出を増やしてくれたこと。大好きなあなたと、幸せなこの時間を過ごせたこと。

「……今日は気が向いただけだ」

 いろんな意味を含めて言えば、リアス様はちょっとだけ微笑んで、わたしの手を引いて歩き出す。出口では、カリナとレグナが待ってる。リアス様と二人並んで、わたしたちは双子の元へ向かった。

 ──幸せな時間は、あっという間。過ぎた時間はもう、戻ることはないけれど。四人で過ごした思い出は、いつまでも胸の中に。

『大好きなものは、大好きな人たちと共に。』/クリスティア