また逢う日までライト版 First grade July

夏。

夏と言えば、真っ先に上がるのはやはりプールや海という水辺で遊ぶもの。
水着で開放的になり、思わず想いをぶっちゃけてしまったり。
気になる子の水着姿を他の人に見せたくなくて、自分の上着を着せたり。

どっちにしても、恋人や好きな人がいる人たちが距離を縮められる。
そんな素敵な夏。

素敵な夏なんですけれども。

「……水着の用意をしていないとはどういうことかしら」

目の前の男が毎回素敵な計画をぶち壊す。
不機嫌さも隠さずにそう言えば、約一万年来の長いつき合いであるその男は、悪びれることもなくそっぽを向いた。

夏休みが始まって一週間ほど。
今日も今日とて、カップル宅へとお邪魔しております。普通なら夏休みくらい恋人同士お二人で、なんてなるのだけれど。
八月は我々双子を始め予定が詰め詰めで。まず八月頭から私とレグナはフランスへ一度帰省の予定があり。あとは先輩方と出かけたり交流武術会やら旅行やらとかなりばたばた。
それを知ったクリスティアが、リアス泣かせましょう大作戦の日の帰り際、七月はゆっくり四人でと天使のような笑みで言ってくださったので。

お言葉に甘えてこうして毎日来ているわけなんですけれども。

長年のつき合いですし、毎日遊んでいればこの限られた空間では多少アイディアの底が尽くというもの。
そこで話題は来月の旅行の話へ。

プール掃除で若干リアスの予行練習も出来ましたし、楽しみですよね。水着楽しみにしてますねと言った直後ですよ。

ソファに悠然とクリスティアを抱えて座る男が「水着は用意していないが」と言ったのは。

開始数秒ですよ??
こういう予定で行きましょうねとか場所決まったんですよとか話を広げる前ですよ??

「どうするんですかプール」
「行くんだろう?」

この男まさか長年プールに行かなすぎて着るもの忘れたとか言いませんよね。

「リアス、いいですか」
「何だ」
「プールに入るには水着が必要なんですよ」
「馬鹿にしているのかお前は。そんなことは知っている」
「そうですよね、あなたなら知っていますよね。では十秒ほど前の自身のお言葉を振り返ってみなさいな」

なにを言っているんだという顔のリアス。
しかし律儀な彼はきちんと振り返り。

あぁしまったという顔を今。
たった今してくださいました。

「……おわかりです?」
「……すまない」
「お気づきありがとうございます」

ではリアスが事の重大さを理解したということで。

「問題は調達ですわね。夏休みに入ったしデパートなんて混みますよ?」
「レグナ、水着は作れないのか」
「布の選定、チェックとか諸々含めると、やっぱりカリナが言った通りスケジュールがきついかな」
「では作成は次回に回しましょう。他の調達方法ですが」

言いながら、そして彼らは私の声を聞きながら、きっと四人同じことを思っているはず。

同じ女子としては正直気は進みませんが、残った道は、あと一つだけ。
四人、自然と目を合わせ、頷いた。

「こっちかわいー…」
「ではこれも入れておきましょうか」

それから。
カップルのお部屋に置いてあるノートパソコンを拝借し、クリスティアと共にローテーブルでネットサーフィンへ。
サイトは、いろんなショップが複合しているいわゆるショッピングモール。店を統一させないようにいくつか買えば、サイズが合わなくて全滅というのは避けれられるはず。
ということで、ソファに座る男子陣の膝にもたれ掛かりながら、気になったものをどんどんかごへ入れていく。

「そんなに買うのか」
「ひとまずかごに入れてから後で選定しますよ」
「あ、この黄色のオフショルダー可愛いじゃん」
「レグナが着る用ですか?」
「何でカリナはすぐ俺に着せようとするの」
「声を上げたから着るのかなって思うじゃないですか」
「お前現代に進むに連れて段々おかしくなっているな」
「時代のせいです」
「元々の素質だろう」
「リアスはこのクロスホルターっていう胸のあたりがクロスしているのでいいですね」
「やめろ」

ベシッと頭を叩かれたので本気でカートに突っ込んでやろうかと思いましたが、さすがに旅行取りやめは困るのでぐっと押さえて。
かごの右上に書かれている小さなアイコンの上の二十という数字を見て、そろそろ選定しましょうかとかごページへ移動。そして、

「かごいっぱーい…」
「二、三着ほどに絞りましょうか。はいリアス」

どうぞと、ノートパソコンはリアスの元へ。

「……何故」
「恋人の水着でしょう。あなたの好みにしなさいな」
「クリスティアの好みでいいだろう」
「あら、クリスだってリアスに決めてもらえた方が嬉しいですよねー」

そう、隣の親友へ問うと。
周りに花をまとっているようなふわふわした雰囲気で頷いた。そんなかわいい親友を抱きしめながら。

「ほら」
「……」

どうだと言わんばかりに笑えば、リアスは引き笑いを浮かべてノートパソコンに目を落とす。

「……後で気に入らないとか言うなよカリナ」
「なんで私」

むしろ私は大丈夫でしょうよ。
あなたとは嫌と言うほど好みが似ているんですから。

視線だけでそれを訴えるも、幼なじみはトントン、とノートパソコンについているマウスをいじってお好みの水着以外を削除する作業に没頭。
恋人の好みでいいとか言いながらしっかり選んでるじゃないですかもう。

無視した代わりに最高の水着にしてくださいよ。
届くかはわからないけれど念を送って、視線は彼の愛しい恋人へ。

「…♪」

彼女はリアスを見ながら、とても幸せそうに頬を緩ませている。きっと、四人で一緒に思い出が作れることがとても嬉しいんでしょう。
でもクリス、気持ちはわかるけれどまだ始まっていませんわ。

「……」

当日はもっと、みんなの素敵な笑顔が見れるように頑張りますからね。

「……楽しみですねクリスティア」
「うん…♪」

何度繰り返しても、この夏は、一度きり。

さぁ八月よ、早くいらっしゃって。最高の思い出を作るから。

なんて、それこそ届くかわからない念を送って。

愛しい親友を、さらに強く抱きしめた。

『最高の夏は、もうすぐそこに』/カリナ

 

☆一言いただけると励みになります☆

    <届けたい思い>
    とてもよかった好き!楽しかった!感動した