座談会シリーズ Vol.1

陽真「さぁ始まるぜ座談会トークシリーズ」 武煉「今回はちょっとした説明を踏まえていきましょうか」 陽真「このシリーズは──」 リアス「おい」 陽真「はい龍クン。あ、リアスクンの方がいい?」 リアス「カタカナばかりで見づらいからいい」 武煉「そういう理由ですか」 陽真「んで、どしたよ龍クン」 リアス「何であんたら仕切ってんだ。こういうのはいつもレグナだろう」 レグナ「え? 俺話が回ってきた瞬間に断ったけど?」 リアス「お前もう少し主人公の自覚持てよ」 レグナ「リアスにだけは言われたくない。こういうの俺ら双子にだけ回すじゃん」 リアス「言っておくが俺が回しているわけではないからな」 陽真「まーまー、ケンカすんなって。とりあえずソレも踏まえて行くから聞いとけよ」 リアス・レグナ「「……」」 武煉「それでは改めて行きましょうか。このシリーズは、俺たち”また逢う日まで”のキャラクターたちがネタバレ・メタ発言上等でいろいろ話していくコーナーです。ときおりシチュエーションでの反応まとめとかもやっていくよ」 陽真「ま、零の息抜きみてぇな感じ。アイツが入院中とかにたまーにやってたヤツ、知ってる子はソレイメージしてな」 武煉「基本的に進行は会話文で進んでいきます。どっかのファミレスで話しているというような感覚で読んでくださいね」 陽真「零が分けてる組ごとだったり、男子、女子だったりでいろいろ話してくからまぁ気が向いたら読んでくれりゃあいいぜ。んで、オレらが仕切ってる理由な」 武煉「まずひとつ、蓮が断ったのもありますね」 陽真「もう一つが、オレと春風の救済措置っつーのもあるから」 リアス「地味に理由が重い」 レグナ「零があっさり引いた理由ってそれだったの」(そうです) 陽真「本編じゃ春風は故人なんだケド、ココじゃそういうのは忘れて楽しもうぜっつー話な」 武煉「女子組でも一応上級生組が仕切る予定だけれど……あの二人はすぐに投げそうだね」 陽真「ま、ダイジョーブだろ。っつー感じで座談会シリーズ始まりー。今回は割とメインで動く主人公・上級生の男子組からお送りな」 リアス「毎度思うが何故こういうので主人公No.1のクリスティアが入らないんだろうな」 レグナ「説明とかも入るとクリス話さないからでしょ」 リアス「俺もそのタイプがよかった」 レグナ「司会回ってこないだけましじゃん」 リアス「まぁそうだが。で? 何か話題とかあるのか」 陽真「ねぇな」 リアス「まじかよ」 武煉「基本は本編振り返りとか、こんなところにツッコみたい! みたいな感じでお願いしているそうですよ」 レグナ「相変わらず雑だね」 リアス「本当にな。とりあえず、話題は本編でいいのか」 陽真「男子トークでもいいぜ」 武煉「それはエシュトのCP持ちが揃ったときにという話じゃないか」 レグナ「今だと祈童とトリスト先輩が足りないね」 リアス「なら本編だとか小ネタだな」 陽真「あ、本編なら今回は5月、6月の変更話はナシな」 レグナ「えー、一番話せるネタじゃん」 陽真「ツイキャスで一回話ってっから。また今度」 リアス「すげぇ現実のネタも持ってくるな本当に」 武煉「そういう回ですから」 リアス「話せそうなもの……新刊の予告なら、8月の空の旅が消滅する話じゃないか」 レグナ「消滅っていうか変更ね。5月6月のも絡んでるけど」 陽真「いいんじゃね。龍クンの過保護迷子時期がやっと終わるヤツだろ」 レグナ「過保護迷子時期」 武煉「俺たちと外に行くという話は大幅に変更されたね」 陽真「電子にするっつーのでもっとしっかり考えたもんな。そんで浮き上がったのが龍クンの過保護どこいったの状態」 レグナ「外とか怖いとか言う割には先輩たちとカフェ行って?」 リアス「ジェット機に乗ったな最終的に」 陽真「さすがに辻褄合わなすぎだろってなって変えたよな」 武煉「最初は乗せる方向でも考えたんだけれどね。俺たちがあの手この手で手に入れたジェット機の資料だとか使って龍を落としにかかるという感じで」 レグナ「最終的に領域に引っかかるって理由で全面的にアウトになったよね」 リアス「うちの物語はいろいろと規制が厳しいからな。空は基本的にビーストの領域で、侵害になるうるからと却下になった」 武煉「それと同様の理由で4月ではメリーゴーランドが却下になりましたね」 陽真「あー、ギリギリで気づいたヤツな。動物に乗るのは許可がない限り禁止っつーの。アミューズメントパークとか出かけ先の話題は割と困るよな」 武煉「そうだね、魂あるもの皆平等精神で、動物園だとか水族館というものはないし」 レグナ「交流目的で、かつ相手種族の許可がない限り結構なにもできないよね」 リアス「外に出なくていい過保護設定が役に立つじゃないか」 レグナ「お前がさらにネタの候補絞ってんだよ気付け」 武煉「と、そろそろいい時間かな。こんな感じで話していくような感じになりますね」 陽真「ネタバレとか上等っつー子はまた遊びに来てな」 武煉「あ、ちなみに次回からはキャラ内だけで話していくのでこういう問いかけのようなものはないですよ」 レグナ「なんかもうどこまでも自由にやるよね」 リアス「悲しい物語の息抜きという風に捉えればいいだろ」 陽真「そーゆーコト。というワケで! 第一回座談会、以上」 武煉「また遊びにおいで」 『座談会トークシリーズ Vol.1』/主人公・上級生男子組

☆一言いただけると励みになります☆

    <届けたい思い>
    とてもよかった好き!楽しかった!感動した