読むのは電子が割と好き。本は存在が好き

こんばんは、志貴零です(*・ω・)ノ

 

最近睡眠がおかしいこの頃。

そのうち治るだろうということで、眠れないときは作業することにしてみましたヽ(^o^)丿

おかげでちょっと進みました笑

 

今日はラフの方を四枚くらい描けまして、準備編は明日で終われる…かな?というところ。

ラフ載せようかなと思ったのですが、今回ラフでは服描いてなくて裸ばっかりなので

5月編で没になって未公開だった(はず)のラフを(*・ω・)ノ

 

小説になってるとこです!

リアクリによるGW編ラストあたりのシーン

 

他にも没になってるけど未公開のはずのものがあると思うので、探してちまちま上げていきます!

 

 

今日は志貴の好きなもの、ブック編も書いてきます(本編って書くとほんぺんにしか読めなかった)

 

タイトルの通り、読むのは結構電子が好きですヽ(^o^)丿

理由は、本をぐっとやらなくていいからというちょっと不思議なもの。

本で読むのももちろん好きです!嫌いとかそういうんじゃなくて、個人的に電子が結構読みやすいなと思ったり。

 

本は存在が好き。

本を読むというより「本がある空間」が好きで、それ目当てに図書館勤務だったりマンガ喫茶だったり。バイトのほとんどは本があるところに行ってました

だからなのかはちょっとよくわかんないんだけど、本をぐっと開いたあと、びろっとなってしまうのが悲しい。

ページ数が少ないものはとくに悲しくなってしまうという

だから同人誌も、読めてものすごく楽しかった!と同時に表紙とかがびろっとなってしまったのを見てシュンとしてます

すごい好きな表紙で買って、それが反り曲がってしまうのが悲しいんでしょうね

 

あとは見開きで、真ん中がぐっと押し込まれているのが「あぁ…」と謎の哀愁に見舞われますね

綴じ込まれているのではなくて、ビッと広げて見たい欲が出るタイプ。

唯一製本したイラスト本に見開き二枚ほどありますが、書き下ろしは特に、描いた部分が真ん中に来ないようにとめちゃくちゃ調整とかもしてました

 

逆にノートとかみたいに開いても「反りませんぜー!!」というのはめちゃくちゃ好きなのですごいノート使います

昔無駄にノーとかってた時期あったなぁ

元から紙自体は好きなんだと思います

 

本という形になって、いざというとき手元に残るという感覚も共感できつつ。

電子は電子で好きだなぁという、志貴零の好きなものでした

今度から自己紹介に入れられそうだね!

 

 

というわけで!

本日はラフが結構進められた日でした!

そして、Twitterの方でやっていたプレゼント企画のチャーム、お譲り先が決まって幸せでした( ´艸`)

あなたはどんな一日だったでしょうか?

明日も素敵な一日をお過ごしください!

有償依頼受付中
依頼用
志貴零へのご支援はこちらから↓
ギフティ
志貴零おすすめ書籍