君がいたから、ずっと生きてこれた

俺と共に生まれた君の人生は、どんな日々でしたか。 「カリナ」 痩せてしまった手に、自分の手を重ねる。 月明かりが綺麗な夜。窓から差す光が、ゆっくりと開く妹の瞳を照らした。 明日は、三月二十七日。 俺達が、出逢った日。そして。 大好きな親友たちが、夫婦の契りを交わす日。 「……もうちょっとだよ」 骨ばっている手を撫でて、声を掛ける。 頷いた彼女は、力無く笑った。 「頑張ったね」 そう、告げたと同時に。まだ終わりじゃないのに、何故かこれまでの日々を思い出して。 喉元が熱くなった気がした。 小さな村で、共に生まれた。 成長する毎に気付いた最悪な親の中でも純粋に笑う妹。 リアスと一緒に泣いていた妹は、大好きだと言えるような女の子に出逢って、たくさんたくさん笑うようになって。 それを見ているのが、幸せだった。 その笑顔を見るのが辛くなったのは、ここ最近。 病気でも、辛くても。ずっとずっと笑ってる妹。 辛いよね。痛いよね。そう声をかけても、大丈夫と笑ったね。 今日はクリスティアがこんな話をしてくれた。リアスがまたムカつくことを言った。 でもとても楽しかったよ。 明日、また逢えるかな。 明日はどんな話を聞かせてくれるのかな。 そう、あの頃のように無理して笑ってた。 それを見て、わき上がるのは。 どうしたって後悔ばかりだった。 「ねぇカリナ」 病気になるのなら。 短い人生だと、知っていたのなら。 もっと、色んな場所に連れてってあげればよかったね。 カリナが欲しいと言ったもの、もっとあげればよかった。 もっともっと、たくさんの思い出をお前にあげればよかった。 気付いたら、涙がこぼれていた。 ぽたぽたと、重ねた手に滴がこぼれ落ちる。 「俺と共に生きてきた人生は、どんなだった……?」 虐げられて、病気になって。 明日だって保つかもわからない。 見たいものを見れないまま、終わるかもしれない。 この先の、彼女が見守っていたかった愛する人たちの人生も、見れないかもしれない。 振り返れば、悲しいことばかりだったと思う。 それなのに。 「……とても、とても。幸せな日々だった……」 また、そうやって笑ってくれるの。 俺の、大好きな笑顔で。 瞳を幸せそうに歪ませて、愛おしそうに、大切だと言うように。 「明日、クリスティアを見たら……元気になるわ」 もう力の入らない手で、それでも強く強く、俺の手を握った。 最後まで、親友のように諦めない彼女の手を、俺も、強く握って。 「……そうだね」 涙がこぼれるのなんて気にせず、頷いた。 ──ねぇ神様。 明日、奇跡を起こしてくれませんか。 「レグナは……?」 花のように短い人生を、一生懸命、満開の笑顔で笑ってくれた妹に。 少しだけ時間をくれませんか。 「……決まってるじゃん」 そうして、四人で、たったほんの少しだけでも、笑いあえる未来をいただけませんか。 「カリナがいて、あの二人がいて」 心の中で何度も何度も祈りながら。 「今までも、これからもずっと、幸せな日々が続くんだよ」 笑って。妹の手を、強く強く、握りしめた。 『君がいたから、ずっと生きてこれた。』/レグナ       サンプルに戻る↓