風舞散華

2019-08-07

 

 

 

歌詞

風吹けば、遠い昔の悲しみ思い出す
君も泣きたいはずなのにいつも抱きしめてくれたね
風揺れる華見ていれば、辛い日思い出す
私がいなければもっと君は幸せだったかな?
全て投げ捨ててしまいたくもあったけど
共に芽吹きし春は 傍にいてくれることが支えで
共に咲き誇りし夏は 君のおかげで満開の笑顔でいれた

舞い落ちる華見てれば、あの日を思い出す
初めて見る涙に 手を握るしかできなかった
「諦めてごめん」なんて言わないで
共に枯れ始めし秋は 先の運命(さだめ)を悲しく思ったけど
共に舞い散りし冬は また君といれることが幸せで

風に舞い散りゆく華が時の終わりを告げているけれど
もう一度芽吹くことができたら 次は最期まで笑顔で生きていきましょう?