前向きなカリナちゃん

こんばんは、志貴零です! 先日レグナくんの曲を打ち込みし 本日、カリナちゃんの曲の打ち込みが終わりましたー!! おつかれわたしー!!   これにて主人公組の曲集第一段に収録するものが終わりました! まずはカリナちゃんの曲についてお話お話(*・ω・)ノ   曲はこちら↓   カリナの曲は、統一の「消滅寸前」というテーマと同時に、「春夏秋冬の華」もテーマになっています 春、芽吹きは生まれ 夏、咲き誇りしは成長 秋、本来は冬でしたが枯れ始めしを体調を崩したところをイメージ 冬は、季節的には春ですが舞い散りしで消滅のとき。   彼女のテーマは華でもあるので、今回その要素が多めにはいってます   大きく変わったのは一番かな 過去では、覚えているかな・いないかなという問いかけがAメロで行われていました。 ただレグナが記憶どうこうではなく、簡単に離れていく兄に、あの日々のことは忘れてしまいましたか、というような思いだと思います それが、新版では辛かった日々の思い出をメインに。泣きたかったはずなのに、ずっと傍にいてくれたね。でももしかしたら、私がいなかった方が幸せだったのかな、というのが歌詞になっています   Bメロも、Aメロに合わせて。いなかった方が幸せかもしれないから、生きることも投げ出したいくらいだったと。 昔は「懐かしい思い出」となっていました!結構がらっと変わっています   サビは、そのA,Bを踏まえて。 投げ出したいくらい辛かったけど、あなたがいてくれたから笑顔で生きてこれたよ、というような思いを込めています。   二番は、レグナと同じ場面、「君がいたから、ずっと生きてこれた」をメインに。 涙を流すレグナに対する思いです。 そうして最期に繋がっていくのは、次の人生への思い。   今度は、一緒に。最期まで笑顔で生きていこうね。 病気に負けないから。ずっと笑顔でいるから。     そんな思いを込めながら歌詞を少し変えていきました! 曲自体も結構アレンジを加えてます ちょっとカリナに合わせた和風な感じに!個人的にはラストの大サビが大好きです。   曲はそんな感じで。 カリナちゃんは比較的何でも前向きな子。なのでラストも、他主人公組と違って「生きていこうね」という感じで終わっています。 昔から気は強い方でしたが、リアスの、笑顔でいればいいという後押しもあって心も強くなったのかなと思います。 誰よりも強く、諦めず。レグナとは相反した女の子になっていました。   たぶん、兄の背中を追いかけつつも、どことなく見習っていたのはリアスの方だったのかもしれないなと思います。 いつだって諦めずに頑張っていた人。きっとそんな風になりたかったのかなぁなんて。 それが、いつの間にか主人公組に誰にも負けないくらい強くなっていたんだと思います。 元々課された感情もそこまで負の方ではなかったのもありますね   彼女は「償い」。レグナに、みんなに。すべてを壊してごめんなさい、つらい思いをさせてごめんなさいという思いから、彼女に課された感情です。 本来はクリスティア同様言葉の呪縛なので、「あの日」に関する償いの言葉は言えません。が、本人は「言葉では何とでも言える」という思いもあり、行動で示そうということで、影響もあまり受けていません。 華のように儚いけれど、いつだって凜としていて、満開の笑顔で笑うカリナ。 そんな思いが、歌でも伝わっていれば嬉しいなと思います!     さて、カリナの曲にて主人公組のシリアス曲集の打ち込みが終わりました…! お疲れさまですわたし   十年近く前の曲を、こうやって自分の手でアレンジもして、いつかやりたいと思っていた曲集を出す目処が立ったのがとても嬉しい限りです。 今はメロディだよーということでメロディ部分の強調をしているんですが、曲集ではもう少しいろいろ調整していきます(*・ω・)ノ また近況などもちまちま報告していくと思うので、お楽しみに!   それでは今日はこの辺で! ありがとうございました! 明日も素敵な一日を!