6月編の振り返りとあとがき

こんばんは、志貴零です! 本日「また逢う日まで」の6月編が書き終わりましたー! お疲れ様わたしー! 今月は少し気持ちなど落ちたりしたこともありましたが無事6月編書き上げられてよかったです。 そして今回からまたHPオンリーでの更新に戻りました。今後はまたこちらでお楽しみいただければ幸いです ここからは6月編ネタバレありも踏まえて振り返り&あとがきになるので 先に本編読みたい人はこちらから   さて6月編は体育祭がメインです! 前半は体育祭の準備もしつつ、少しずつまた関係性が深まったり、という感じでした。とくにレグナと雪巴ちゃん! 少しずつ関わり合いが増えていっています。ついにレグナ君のおうちへ……! あの回書くのとても楽しかったです。 Twitterのタグ、「#もっとまた逢う日まで」で書いたのですが、雪巴ちゃんの魂はレグナ君と初期時代から親交があり、初期時代以降、毎回レグナといい雰囲気になっては恋は叶わず、というようなのを繰り返してきました。それも踏まえると距離が近づいているのがほほえましくもありつつ、切なくもありつつ。見守りたいお二人です。 距離が縮まっているのはリアクリも! リアス様やっと行動療法できました。クリスティアも順調で、本当の意味で少しずつ距離が戻りつつあります。リアス編ということでなるべくリアクリの行動療法をもう少し増やせて行けたらなぁと。 逆に距離が遠のいてしまっているのはカリナと武煉ですね!笑 武煉先輩、デートのお誘いことごとく振られてしまいました笑 若干ここホントにくっつく?? と聞きたくなるくらいカリナのガードが堅いです。武煉先輩をだんだん応援したくなってしまう。   そんな距離が近くなったり遠くなったりな中、珠唯やルクとも関係を少しずつ構築しつつ体育祭!   今年はコミックパート1演目、小説パート5演目でお届けできたらなと思っています。 物語の1年前と比べるとそれぞれ成長したりとても感慨深いなぁと思います。ルクに対してリアスが教える立場になっていたり、この前のブログでも書いていたようにレグナは祈童や道化と背中を合わせて戦ったり。長編書いているとこういう成長がとても楽しいなと思いました。   クリスティアは未だにところどころで一章のものが出てきたりしていました。一章のときは元々「こんなことがありました」という真実が出ただけだったので、リアスの章に食い込みながら彼女自身の解決にも入って行っています。クリスティアの回、キャンペーンで先行公開しましたが書いている間涙ぐんでいました!(親ばか) きっとあのときはこういう感じで、これで少しずつまた回復へと向かうんだろうなぁと。   同じく涙ぐんだのは今日初公開になったカリナさん。 少しずつ彼女の方も初期時代の恋人・オトハの影がちらついています。もうカリナさんほんとに一途……。 「もしもあなたがここにいたのなら」のところは涙やばかった。 改稿のときはもう少ししっかり深めていきたいなと思うのですが、あのカリナの回がすごく好き。 そして武煉先輩頑張って!と背中押したくなった笑 実際カリナがオトハの転生体に出逢えたら、約束通り笑えるのでしょうか。そこの再会はまだ先になりますが、素敵な感じになるのかなと思っています。   そして6月編ラスト、本日書けたリアスの回! バトルリレー! 結構長くなりましたびっくりした。ここ最近ずっと5000文字くらいで書いていたのですが思いのほか長く書けて楽しかったです。 そんなバトルリレー、まずは! 淋架ちゃんとトリスト先輩が参加になりましたー!! わーー! いや私も予想外だった(え 元々淋架ちゃんたちは3年から参加かなーと組んでいたんだけどもいろいろ変わった関係上彼女たちも前倒しに、そしてリアス様達のかかわりからスタート。 クリスティアのヒーロー再びでした! クリスティアかっこいい! 彼女は本当にどんな人でも手を差し伸べることができて、そして生物を繋ぐことができる子だなぁとしみじみ。彼女自身は本能のままですが笑 これで笑守人の生徒メンバーは揃ったということで、フルメンバーでの女子会など私が楽しみ! そしてバトルリレーではリアス様本領発揮でした(個人的に)! 一年生から今まで、あまりこういう戦略系でリアスの回ってほとんどなかったんですよね。大体がレグナか、ときおりカリナ。 なので割と二人の方が長けているようにも見えますが実際はリアス様が戦略一番です。とても頭がいい。 ああいう本気の頭脳戦は本編でも書いた通りカリナに負けなし。普段、カリナちゃんに丸め込まれていますがきっと本気で覆そうと思えばいくらでも覆せると思うんですよね。それをしないのはリアスが優しくて、また「これは大丈夫」というのが本人にもあるからかなと。 今回は久々にがっつり頭脳戦、リアスも楽しかったと思います笑 バトルリレーは大きくグループ分けちゃうので今回みたいに祈童達のがカットになっていたり、カリナの戦略など一人称小説では描けない部分も多いですが、全員揃っている状態で始まる3年次はコミックで描いても楽しいなぁとこっそり思いました。 成長したみんなはリアスに敵うのか! みたいな笑 リアス様の読みのところはとても楽しかったです。どういう風にしていこうかなぁみたいな。 本編で書いた理由以外に、武煉と陽真をラストにもっていかないのは今回一緒のグループになっちゃっているのでモチベが下がるのも原因かなぁとか考えてみたり、クリスティアと陽真ぶつけてみても楽しいかなと思ったり。けれど珠唯がびっくりな活躍してくれたので面白かった! レグナに淋架のいろおにツッコんでもらうのも楽しいなと思いつつ、宅急便が思い浮かんだのでそっちを採用してみました。 というわけで、ラストはリアス様とカリナちゃんでぶつけたかったので今回こんな感じになりました。カリナさんの不測の事態への弱さ楽しかった笑 リアス様も思わず笑って立ち止まってしまうという笑   新たなメンバーも増えてさらに不良グループが拡大したリアス達一行。 次は七月編! テストに夏休み、そしてエイリィの結婚式ですね! 三大イベントが待ち構えています! 七月編あたりもコメディ全快だと思うのでお楽しみに! 来月中には公開予定でいます! それでは今日はこの辺で。六月編は今回かなりの文字数だったので、この自粛がまた出てきている中のお休みの日にお楽しみいただければ幸いです。 ありがとうございました!