また逢う日まで 先読み本編 second grade November

第1話
//グリィナ夫妻が帰るまでみんなで遊ぼう!コミック 一部掲載 志貴零
【11/1 木曜日 見回り体験組】メンバー:グリィナ夫妻、閃吏、ユーア、ウリオス、エルアノ
・土日は主人公組がお泊りで一緒に過ごすので、せっかくだからということで日別でメンバーを分けて交流することになりました! リアス「悪いな」 閃吏「ううん、気にしないで。気が気じゃない状態だと案内とかもお互いに全力で楽しめないでしょ?」 ユーア『任せるですっ!』 エルアノ『その分、土日はおうちで全力で楽しませてあげてくださいな』 ウリオス『西地区中心に行くからよ、面白そうなもんあったら土日で遊べるようにいろいろそろえておくぜ!』 カリナ「あら……スゴロクなら準備がありましてよ?」 レグナ「それは今回はやめておこうかマイシスター、あれはやばい」
・デパートにやってきました セフィル《ここはビーストも入って大丈夫なのかい?》 ウリオス『規制線の上に作られてる建物だからな! こういった場所は一緒に楽しめるってこった!』 エイリィ《わぁぁあ! 日本って素敵だねぇ! フランスだとまだほとんどないから嬉しいな!》 大歓喜しながらおもちゃ売り場コーナーの近くへ来た一行 エイリィ《あっ、こういうとこ見て大丈夫かな!?》 エルアノ『もちろんですわ。土日に遊ぶものをたくさん見ましょう』
・おもちゃ吟味中 セフィル《これは素晴らしいな……うーん、でもこっちの方がいいだろうか……》 エイリィ《おもしろそうなのいっぱいあるねぇ……悩む!!》 閃吏「あ、悩んだ時の解決法ありますよ」 エイリィ《わぁっほんとにっ!》 ユーア『簡単ですっ!』 エシュト学園組「『とりあえず怪我の可能性が低いものを』」 エイリィ《うちの弟がほんとにごめんね……》
一日目終了

【11/2 金曜日 神社組】メンバー:グリィナ夫妻、結、雫来、ティノ、珠唯、ルク
・日本ならではということで神社にお参りへ 結「うちは構わないけれど……エイリィさんたちはよかったのか? なんかもっとこう、観光だったりとか」 エイリィ《西地区とかは昨日十分楽しませてもらったもの!》 セフィル《それに、一番神に近い神社がある街まで来たんだ。ご挨拶させていただかなければ》 結(inセイレン)「……良い心がけだね」 一瞬雰囲気が変わった結にグリィナ夫妻《?》
・結「それでは我らが主にもお参りしようか。二礼二拍手、祈りを捧げてまた一礼、だ」 そろってみんなで二礼二拍手→手を合わせてお祈りタイムの瞬間 珠唯『え、えっと、みんなにたくさん恩返ししますっ!!』 思ったことすぐ口に出てしまう珠唯が大きな声で決意表明→一同思わず笑ってから ティノ『氷河サンがもっと笑顔になるようなアクセサリー作りますっ!』 雪巴「え、えと……! せ、刹那ちゃんも楽しめるようなゲームを探します……!」 ルク『刹那先輩が……おいしいって言ってくれるお菓子作り……』 結「見事に氷河のことばかりだな」 雪巴「刹那ちゃんが喜ぶと炎上くんや華凜ちゃん、波風くんも喜びますからっ!」 ティノ『だから一番は氷河サン!』 珠唯『いっぱい笑顔にするねっ!』 結「良い心がけだ。僕はその全員のサポートにしようかな」 笑って喋ってる笑守人学園組を見て嬉しそうに笑っているグリィナ夫妻 エイリィ《私たちのは決まりだね》 セフィル《そうだねエイリィ》 決意表明ではなく、セイレンへ向けてグリィナ夫妻《弟妹や弟妹分に素敵な出逢いをありがとうございます》 さりげなく聞こえていた結が微笑んで二日目終了!

【11/3 土曜日 ネイル組】 メンバー:グリィナ夫妻、陽真、武煉、フィノア、淋架、トリスト、美織
・土曜は授業が終わり次第主人公組と遊ぶということで、一、二限が休みのメンバーと裏庭でお話することに 陽真「お話っつーかなんか好きなコトしましょうぜっつー感じの緩い会なんだケド」 武煉「何かご希望はありますか夫婦方」 エイリィ《私は学校での刹那の話が聞きたいなっ! かわいい? かわいい!?》 セフィル《淋架っ! 僕にその美しい髪を良く見せてくれ!》 淋架&陽真((いつも通りだわ……))
・クリスティアのことはだいたい陽真がよく担当しているので、武煉とトリスト、美織と一緒にエイリィに写真を見せることに。セフィルは淋架にくぎ付け、フィノアは淋架の精神安定要員として傍にいることに。エイリィの黄色い声が響いている中、セフィル《相変わらずすばらしい……瞬きで瞳も変わる……。!! 爪も変わるのか!!》 淋架「そうだよ~肌寒くなってきたから寒色系でーす」 フィノア「寒くても暖色系になったりするぅ?」 淋架「あ、するよ~。それこそ……」 淋架、自分の爪に息を吹きかける→水色系だった色がオレンジ系へ早変わり フィノア&セフィル「《!!》」 淋架「たぶんこれだと一瞬で戻っちゃうんだけどねー。体温の方が結構上がれば冬でも暖色系になるよ~。逆もしかり!」 フィノア「すごいわぁ……」 セフィル《まさに生きる芸術……!》 研究気質と芸術家に好奇心が発生→ぐいぐい行くお二人 フィノア「ちょっと淋架先輩ほかのとこもなんか試していい?」 淋架「へ?」 セフィル《目はどうやって変わるんだい淋架! 頬を温めたりしたら連鎖していって変わったりするのかい!?》 淋架「ちょ、ちょっと二人とも近くないかな!?」 フィノア「マニキュアの手伝いと思って!!」 セフィル《次回の作品の参考に!!》 めっちゃ詰め寄ってくる二人に淋架「近い近い近いっ! ちょっ、と、トリストーー!! ヘルプヘルプっ!」 トリスト『良き友人ができたようで何よりだ我が親友淋架よ』 淋架「その親友今大変困ってるけども!?」 <おまけ>二人の圧により押し倒された淋架さん、そちらですごい騒いでいるのにものともせずはしゃいでるエイリィ《きゃー! この刹那かわいいねぇっ! ねぇ送って陽真っ!》 陽真「おー……(すげーなこのマイペースさは……)」
・クリスティアの写真を見せる会 美織「刹那ちゃんのだったらこんなのもあるわ!」 マジックしてる美織を目輝かせて見てるクリスティアの写真 エイリィ《っきゃー!! かわいいよ美織っ! ていうか美織もすごいね!?》 美織「最近また新しいネタ仕入れたのよっ! 今度刹那ちゃんに見せるの!」 エイリィ《えっ、えっ! そのときの写真また送ってくれる!?》 美織「もちろんよ!」 武煉「なんならうちの撮影班が動画も撮りますよ」 トリスト『動画ならば冴楼も良い腕をしている。明日泊まりに行くのであれば逢えるだろう。見せてもらうといい』 エイリィ《わぁっ楽しみ!! あっ、美織この写真も送って!》 美織「いいわよ! あとこんなのもあってー」 エイリィ《うわぁああ、うわぁあかわいいねぇ!》 陽真「ほんと刹那ちゃんのこと大好きな」 エイリィ《世界で一番かわいい子だよっ! 天使!》 武煉「弟よりも可愛がるというのはなかなかおもしろいね」 エイリィ《あっ、龍ももちろん大好きだよ!? 華凜も蓮も! みーんな同じくらい大好きっ! でもねぇ、刹那が一番守りたくなる、かなぁ》 トリスト『守りたくなる?』 エイリィ《そう! みんなも言ってたの、よくわかるよ! 刹那が嬉しいとねぇ、みんな嬉しそうな顔するの! 刹那は華凜が笑うのが一番好きで、華凜が笑ってくれるからって言うけど……きっと刹那がいるから華凜も笑えて、それでみんなももっと笑顔になるんだよ》 陽真(……それはちょいわかる気がする) エイリィ《だからねぇ、刹那のことは何がなんでも守りたいって思うんだぁ。そうしたらきっと、きっと。みんなも喜んでくれるから。お姉ちゃんが守ってやるぞって!》 美織「エイリィさん……」 みんなちょっとじーんとしたところで美織「たぶん刹那ちゃんの打撃力なら自分で自分を守れそうだわ!」 陽真「みおりん次からもうちょい空気読むこと覚えような、台無しだわ」
・みんな授業に行きまして、グリィナ夫妻は学園内の見学へ(許可済み)→ゆったりいろんなところを回りながら、最終的に迎えも兼ねてずっと話題にあがってたクリスティアがいるパフォーマンス実技の場所へ パフォーマンスしているクリスティア達を教室の外から見ているグリィナ夫妻 エイリィ《……嬉しいねぇ》 セフィル《あれだけヒトとの交流を嫌がっていたあの子たちがね。嬉しさもありつつ、ちょっと寂しいな》 エイリィ《確かに。……でも、やっぱり嬉しいよ》 セフィル《……あぁ》 エイリィ《リアスたちからもみんなとの話いっぱい聞こうね》 セフィル《もちろんさ。たくさん聞いて、たくさん話して。笑顔でフランスへ帰って。お義父さんたちにも話そうか》 エイリィ《うん! 忘れないようにしなきゃね!》 笑顔で笑って笑守人学園組との交流会終了! <おまけ>廊下側に近いところにいたので会話がこっそり聞こえていたカリナさん「……盗聴器とかご用意したほうがいいですかね?」 リアス「いらんわ」
//ここまで