強迫神経症みたいなのに悩んだ話

2018-12-23

続いております、志貴零です⸜( ॑꒳ ॑ )⸝

本日はツイキャスありがとうございました!

楽しかったです。

先程まで読み返しもしておりました!

長いので二話で集中力が切れました笑

また後でですね。

立て続けに病気の話ですが、吐き出しという感じで。

本日は強迫神経症みたいなのに悩んだ話。

子宮頸がんワクチンの副反応治療で抗てんかん薬を飲み、わたしの場合それでうつ病が併発しました。

ぼんやり時期から抜け出してずっと辛かったのは(実は今もありますが)強迫神経症みたいな症状。

「みたいな」と言っているのは、明確に診断を受けていないからです。

わたしの場合お薬で併発やら悪化やらしてしまったタイプなので、診断を受けてお薬治療というのが気が引けてしまって(^^;)

今でも神経の方に効く感じのでよわーい安定剤は飲んでいますが、今の以上に強くしてしまうとまた似た症状出でしまうんですね。

根本的に合わないかもしれないですね( ◞´•௰•`)◞

さてその強迫神経症みたいな症状。

確認癖と不安が主にすごかったです⸜( ॑꒳ ॑ )⸝

副反応の影響なのかものが覚えずらい時期っぽいのもあって、

わかっているはずなのに「これなぁに」と聞いたり、「これやった?あれやった?」とか。

不安の方は昨日のにもちらっと、「ほんとに大丈夫なの?」という声。

発作の方もきつかったですけどこれもすごいきつかったですね( ◞´•௰•`)◞

確認癖はなんっかい確認しても不安。

今でもときたまあります。ものとかはほんとに自分のなのか、自分を信用出来なくて延々と同じ確認を繰り返す。

逆に確認しすぎてわけわかんなくなっていると気づいたのはだいぶ後でした。

それに伴ってめもの癖もすごかったですね。何したかとかすべて書いてました。

不安の方は、結構他の方でもある症状なんですけれど、ものをちゃんと買えたかどうかの不安。

バイトをしていた時のお金の確認時、もし合わなくて自分のポケットの中に入っていたらどうしよう。

今買った?大丈夫?本当に?

目の前の人を傷つけてない?

あとは潔癖もですね。汚れてない?とか。

そんな感じの不安がずっとずっと駆け巡っていました。

もちろん昨日も言った通り、なにも起きていないんです。

何も起きていないのに、何もしていないのに。ものすごく不安になってしまって。

気が狂いそうでしたね笑

よくまぁ何事も無かったかのように振舞っていたなと過去の自分を褒めたい笑

そんな強迫神経症みたいなものともお付き合いしてきたのですが、今ではほとんどなくなりました。

いつものマミーの買ってくる本の受け売りでいろいろと変わりました⸜( ॑꒳ ॑ )⸝

よく「言霊」とかありますよね。

言葉には力がある、みたいな。

あと、自分で発した言葉は自分が一番最初に聞いている、と。

そして「今」考えたことや発した言葉は、「未来」に起きうるものらしい

という三点を学びました。

昨日もちょっと言ってました、「過去があるから今がある」と。まさにそんな感じで、「過去言った言葉が現実になる」みたいなイメージで捉えてます。

つまり今、不安とかを考えていたりしたら、未来もそうなるということではとなり。

なるべく不安などから気を逸らしたりするようにしました。(おかげで明確に覚えていないのが申し訳ないですが)

とりあえず、不安になったらまず自分に「大丈夫」と声をかけてあげたりする。

大丈夫と声に出せば、今じゃなくても未来は大丈夫になると。

深呼吸とかいろいろやってみまして。

最終的に、わたしが昔一番嫌いだった「気にしないこと」という結論にたどり着きました笑

体が変だから気にしてる、と思うのですが、案外「気にしてるから気になる」というのでもあるのではと。

実際、今電子書籍の作成に追われ、病気のこと、とくに強迫神経症みたいな方は気にする暇がなくなりました。

言い方があれですが、「気にしてる時間がもったいない」と考えるようになりました。

そうしたら、いつの間にか。

ほとんど頭の声がなくなりました!

びっくりですね。

さすがに疲れてきたりとか、それこそ女性特有の時期の前で落ちやすい時はなったりしますけれど、日常生活で害があるほどではなくなりました。

昔は耳を抑えたくなるほどだったのが嘘のようです。

初めは、嘘でもいいんです。

嘘でもいいから「楽しい」、「大丈夫」。そう言葉にしてみる。

すると、脳って不思議なもので勘違いを起こすのです。

あ、大丈夫なんだ、と。

そして楽しいという思考でいると、楽しい方や物事へ目がいったりします。

辛いとかがすっぽぬけて、いつの間にか変わってたりします。

そうして、また。

あぁ、あの頃こんなふうに辛かったねと笑い話として話せたりするものです。

もし変わりたいな、辛いというものから抜け出したいなと思ったら、まずは嘘でもいいから楽しい嬉しい、笑ってみるなどなどポジティブなことをやってみるのもいいのだと思います。

人生一度切りですからね!

せっかくなら魂が上に帰った時、少しでも「楽しかったー!」と言えるような日々でありたいと、また少しでも多くの人がそういうふうに言えるような日々を過ごして欲しいと願います。

今日はそんな感じですかね。

切り方がいつものごとくへたくそなんですけれども笑

わたしが話す病気のことは、最終的には悪いことばかりじゃなかったよという感じで捉えていただければ幸いです。

病気を通して色んなことを知れました。

他の方々がみんな同じ症状というわけではないけれど、きっとこんな感じなのかなと。

いつか自分と同じような経験をして苦しんでいる人と出会った時、自分の経験が何かしらの手助けになれればいいなと思います。

ではでは今日はこの辺で!

明日はまた逢う日までの主人公No.1、クリスティアの誕生日です。

夜更かしして日付が変わったらイラスト投稿するので、もし起きていたらみてくださいね。

それでは、明日もあなたにフォルトゥナな出来事があらんことを!

有償依頼受付中
依頼用
志貴零へのご支援はこちらから↓
ギフティ
志貴零おすすめ書籍