自分の言葉遣いの話

2019-01-04

へーい志貴零ですヽ(^o^)丿

昨日まで謎のネガティブ期に襲われてました笑

去年後半詰めてたので反動ですかね!撃退したので今日からのんびりまったり、ふぉるくる始動ですー

とりあえず通販の方再開しましたというお知らせをば。

にゃんかまなどなど販売中です!ショップはメニューから行けます。

現在販売中はこちら

これからもちまちま増やしていきます。

今日はまた逢う日までのほかキャラのイメージも決められて満足ですヽ(^o^)丿今月はキャラ資料とかに専念したい

そんでもって言葉遣いのお話。

ツイキャスとかこういうのだと基本敬語なんですが、わたし元はめっちゃ口悪いです笑

けれどなるべく人前とか、誰かに何かを伝えるときは自分なりに考えて、なるべく丁寧な言葉を使うようにしています。

前に流行ったかどうかちょっと定かじゃないんですけれど、本あったんですよ、「伝え方が9割」みたいな。読んだことはないんだけれど。

わたしの言葉とかはどっちかっていうと母の「伝え方だよね」っていうのが頭に残って形成されたものだと思います笑

わたしが入院中に、最後に逢った父親との会話の中で言ったことあるのです。

最終的には相手の受取方次第になってしまうのかもしれないけれど、受け取る前に伝えるっていう行程があるよねーみたいな。

もちろん、どんなに丁寧に言ったって伝わらないときは伝わらないし、結局父親にも伝わることはなかったんですけれども。

でも、言い方一つで変わることってあるんじゃないかなって思います。

会話は相手ありきだと思ってます。なので、相手の方と気持ちよく会話ができるような言い方を心がけています。向こうの引っかかる部分が違っちゃったりとかもあるし、必ずしも自分の伝え方ですべてがおっけー!になるわけじゃないのも承知です。ちょっと丁寧すぎると言われることもあります笑

結局は相手の捉え方次第なんだからいいじゃん!というわけでもないと思っています。伝えるという行程で自分なりに気を付けるというのは大事なのではないかなぁと思います。

それはあくまで気を使うとかではなく、人と接する上でのマナーかなぁって。あとは心遣いのようなものかなと。

自分一人でいる分にはなんでもいいと思います。

けれど、相手という、自分ではない他人がいて、その人にも心や感情があって、それぞれ違います。心は見えないけれど、最低限、自分ができる範囲の言葉遣いを常に気を付けるようにしています。

身内とかでもそんな感じで時と場合によっては丁寧すぎることがあるらしいので、そこはもうちょっとフランクになれるようにがんばります笑

すんごい短いけどそんな感じかな。

うん、なんかこう、伝え方大事だよーみたいなお話でした。

何かやってもらったとき、一言「ありがとう」って言うだけでも違いますよね。ありがとうって言われたらわたしは嬉しいので、感謝をなるべく伝えるようにしています。

物事を頼むとき、「○○やってよ!」と言うより「○○やってもらってもいいかな?」みたいな、柔らかい言い方だと伝わり方もぜんぜん違いますよね。

母が言い方大事と、たぶん父を見て思ったんでしょうね。いつからか話の最後に「やっぱり言い方だよね」と締めくくるようになりました。

相手ありきの「会話」なので、相手を思いやるという心遣いをなるべく大切にしたいなと思う志貴零でした!

おつきあいありがとうございました。

明日もあなたに、フォルトゥナなできごとがあらんことを!

有償依頼受付中
依頼用
志貴零へのご支援はこちらから↓
ギフティ
志貴零おすすめ書籍